γgtp

脂肪肝とは、食べ過ぎや飲みすぎによって肝臓に中性脂肪やコレステロールが溜まった肝臓の肥満症とも言える状態です。

 

食事で摂った脂肪は、小腸で脂肪酸に分解され、肝臓に送られます。しかし、糖分や脂質を摂りすぎて、肝臓に送られる脂肪酸が増えると、肝臓で脂肪酸から作られる中性脂肪が肝臓にたまり、脂肪肝の原因となります。

 

また、脂肪肝の方の場合、γ-GTPの値が高くなる傾向になります。

 

そして、脂肪肝の原因である肥満を解消するには、ダイエットが必要。ダイエットには、低カロリー・低脂肪食でバランスの良い食事が必要です。食べ過ぎの方は、食事量を減らすことが重要。また、適度な運動も必要です。

 

また、脂肪肝にはタウリンが効果的であると言われています。

 

肝臓から分泌される胆汁酸には、コレステロールを排泄させる働きがあり、
タウリンには、胆汁酸の分泌を盛んにする効果があるので、タウリンを摂取することで、
血液中のコレステロール値も下がります。

 

また、タウリンが豊富に含まれている食べ物は『牡蠣』で、牡蠣100gの中には、タウリンが1,163mgも含まれています。

 

とはいえ、脂肪肝解消のために、毎日牡蠣を食べるのは大変ですよね。

 

そこで、毎日続けられるタウリン配合のサプリメントを摂取されるのはどうでしょうか。

 

 

これは、海のミルクと言われる牡蠣の栄養素を凝縮したサプリメント「海乳(かいにゅう)EX」です。

 

このサプリメントは、1日2粒で牡蠣5個分の栄養素を摂取することができ、またタウリンのほかにも亜鉛・ミネラル・アミノ酸がたっぷり配合されており、脂肪肝改善だけでなく、カラダにもとってもいいんです。

 

ぜひ愛用者の方の喜びの声を読んでみてください!

 

さらに1粒たったの32円なので、経済的にも優しく毎日続けられますね。

 

これだけ安いと値上げされるのは時間の問題だと思いますので、興味をお持ちの方は今すぐチェックしてみてください。

 

 

⇒公式サイトはコチラ

 

グラフィックデザイナー 求人

続きを読む≫ 2014/07/20 12:53:20

γ-GTPは、毒性のあるアルコールが肝細胞を破壊すると血液中に出てきます。

 

γ-GTPはアルコールに敏感で、ほぼ毎日お酒を飲んでいる方では高い数値が出やすくなります。

 

もしγ-GTPが高くなっている原因が、飲酒によるものであれば、節酒や禁酒をする必要があります。

 

でも、お酒が好きでやめられないという方もいらっしゃると思います。

 

そんな方には、オルニチンを摂取されることをオススメします!

 

「オルニチン」には、肝臓でアンモニアを分解して解毒し、尿素に変える働きがあり、
肝機能を改善すると言われています。

 

また、「オルニチン」を多く含む食品には、「しじみ」があります。

 

昔から「しじみ」は肝臓に良いと言われていたのは、「オルニチン」を多く含んでいるからなのですね。

 

とはいえ、毎日「しじみ」を食べるのは大変ですよね。

 

そこで、毎日続けられる「オルニチン」のサプリメントを摂取されるのはどうでしょうか。

 

 

これは「協和発酵バイオ オルニチン」です。

 

売上No.1の人気サプリメントで、現在までなんと100万人以上の方が購入されています。

 

1粒でシジミ約300個分のオルニチンが配合されており、あのタレントの草野仁さんも利用されているそうです。

 

また今なら全国送料無料で、お試し価格の66%OFFで購入できるので、今すぐチェックしてみてください!

 

 

 

⇒公式サイトはコチラ

 

漫画 買取

続きを読む≫ 2014/07/20 12:49:20

γ-gtpとコーヒーの関係について1997年に発表された九州大学医学部の教授らの研究によると、アルコールを毎日瓶一本飲む人について、コーヒーを毎日3?4杯飲む人とほとんど飲まない人と比較した所、コーヒーを飲む人の方がγ-gtpが平均で10以上も低いことがわかっています。

 

アメリカでもコーヒーを毎日4杯以上飲む人と飲まない人で、肝硬変で入院したり死亡する率が5倍以上も違うという調査結果が出ています。
γ-gtpの数値を下げるというコーヒーの効果は比較的飲酒量が多い人にはっきりみられるようです。

 

コーヒー中のカフェインは肝臓や腎臓の働きを活発化するので、体内のアルコールをアセトアルデヒドへの分解を円滑にします。更にコーヒーのカフェインの利尿作用でアルコールの排出も促進されます。よって、コーヒーは二日酔いの頭痛の解消などにも効果的だと言われています。

 

コーヒーの成分中のカフェストールは血中のコレステロール値を上昇させる恐れがありますが、インスタントコーヒーやドリップ式のコーヒーはカフェストールが少ないので、これらのコーヒーを煎れたてに飲むのがよいそうです。

続きを読む≫ 2014/07/20 12:48:20

オルニチンは、食品ではしじみに多く含まれ、肝臓によいといわれています。

 

肝臓は、有害物質のアンモニアを解毒する機能をもっています。

 

ところが、肝臓の解毒機能が正常にはたらいていないと、
アンモニアが解毒されず、疲れやすくなったりしてしまいます。

 

オルニチンには、肝臓でアンモニアを分解して解毒し、尿素に変える働きがあり、
オルニチンを含むしじみなどを食べることで肝臓に良いと注目を集めています。

続きを読む≫ 2014/07/20 12:48:20

肝臓に良い食べ物は、タウリンを含む食べ物です。

 

では、タウリンにはどのような効果があるのでしょうか。

 

 

1.胆汁酸の分泌を促す

 

肝臓から分泌される胆汁酸には、コレステロールを排泄させる働きがあります。

 

そして、タウリンを含む食品を摂取するによって胆汁酸の分泌が増えるといわれており、
その結果、コレステロールが排出され、血液中のコレステロール値も下がります。

 

 

2.アルコールの分解を促す

 

アルコールは体内に入ると、いったん肝臓内でアセトアルデヒドに分解され、
さらに酵素によって再び分解されます。

 

この分解作業が肝臓に多大な負担をかけてしまうのです。

 

そこに、タウリンが入ると、酵素の働きを助けることで、
アルコールの分解を早め、肝臓への負担を軽くしてくれます。

 

 

3.肝臓のろ過機能を増進する

 

肝臓のろ過機能が衰えると、体内に毒素がたまりやすくなり、
ダイエットしても痩せにくくなったり、疲れやすくなったり、
酵素の働きが低下し、肌荒れの原因になったりします。

 

しかし、タウリンには、肝臓のろ過機能を増進する効果があるのです。

続きを読む≫ 2014/07/20 12:47:20

γ(ガンマ)-GTPは、肝臓や腎臓、膵臓、血液中などに含まれており、
GOT、GPTと同様にタンパク質を分解する酵素

 

この酵素は、毒性のあるアルコールや薬剤などが肝細胞を破壊したり、
結石やがんなどによって胆管がつまったときなどに血液中に出てきます。

 

プラセンタ注射は、美容、美白にもよいといわれており、
美容系クリニックで処方されていますが、
もともと肝臓疾患の方の治療薬として処方されていました。

 

肝臓は、活性酸素が過剰に生成されやすい器官なので、
酸化による障害や炎症が起きることがありますが、
抗酸化活性成分を含むプラセンタを投与することにより、
活性酸素が除去され、肝機能が回復するといわれています。

 

また、幹細胞の生成を促す肝細胞増殖因子があることから、
肝細胞の破壊を予防し、破壊されてしまった細胞を修復する働きもあります。

続きを読む≫ 2014/07/20 12:46:20